キャビテーションを受けると頭痛しやすい人の特徴とは?

キャビテーションを受けると頭痛しやすい人の特徴とは?

キャビテーションには重篤な副作用はありませんが、人によってはキャビテーション後に頭痛がすることがあります。

 

頭痛

 

普段は頭痛がすることはほとんどない、という方からすれば、施術後に限って頭痛がするのは不安になってしまいますね。

 

では、キャビテーションを受けることで頭痛がしやすい人というのはどういった特徴があるのでしょうか。

 

体の一部位だけ太っている人

 

キャビテーションというのは、体全体が肥満傾向にある人にも効果的ですが、部分痩せが出来るのも魅力です。

 

キャビテーションマシンのハンドピースを脂肪がついている部位に当てる施術なので、例えばお腹周りだけ、二の腕だけというような部分痩身が可能なのですね。

 

キャビ

 

ただ、一部位しか脂肪がついていないとしても、超音波は広範囲をカバーできますから、施術部位以外にも多少の影響が出ます。

 

この時に超音波が骨にあたってしまうと、キーンという金属音が施術の間なり続けることがあります。

 

もちろん耳鳴りのようなひどい音ではないものの、意識の中で金属音が続くことで頭痛が発生しやすくなります。

 

一部位だけ太っている人は出力レベルを下げましょう。

 

ストレスなどで神経が過敏になっている人

 

キーンという音は、ずっと続く人もいれば断続的に聞こえたり、ほんの数秒しか聞こえないこともあります。

 

しかし、ストレスなどで神経が過敏になっていると、どうしてもちょっとした音というのが気になってしまいます。

 

そのためさらにストレスが溜まってしまい、交感神経が活発になって血液の流れが乱れると頭痛が発生します

 

本来なら、キャビテーションというのは体が温まって代謝が活性化されるので、体的には心地良い状態になりリラックスできます。

 

ですが日常のストレスが溜まっていると、施術中に気に障ることがあると余計にストレスを感じてしまうため頭痛が起こりやすいので気をつけましょう。

 

頭痛がしたからといって脳梗塞や脳卒中などが発症することはありません。

 

ですが施術後に頭が痛いのは気分も良くないので、気になる時はスタッフに伝えて頭痛への対策を行ってもらいましょう。

キャビテーションエステランキング