キャビテーションを受ける前後の食事について注意点

キャビテーションを受ける前後の食事について注意点

キャビテーションというのは、無理な食事制限や面倒なカロリーコントロールをする必要がなく痩せ効果が期待できます。

 

食材各種

 

ただし、キャビテーションを受ける前後の食事については、ちょっとした注意をしなくてはいけません。

 

前後の食事の内容によってキャビテーションの痩身効果を高めることもできるので、効果を阻害しないためにも注意点を覚えておきましょう。

 

キャビテーションの前の食事について

 

キャビテーションを受ける前の体は、脂肪が溶け出して排出しようとしている状態ではなく普通の状態です。

 

ですので、食べる事自体は問題ないのですが、夜遅く、寝る前に食べない等、「食べる時間」には注意する必要があります

 

夜食のポップコーン

 

というのも食事をすると、食べ物に含まれる糖質などによって血糖値が上昇しますから、エネルギーもこの血糖から消費されていきます。

 

そのため食事のすぐ後でキャビテーションを受けても、蓄積している体脂肪の燃焼効率が悪くなってしまいます。

 

これではキャビテーションの効果が出にくくなってしまうので、せっかくの施術もムダになります。

 

食事による血糖値の上昇は食後の1時間ぐらいまでピークで、後は少しずつ下がって2時間ほどで正常値に戻ります。

 

食事は施術の2時間前までに終わらせるようにしましょう。

 

キャビテーションの効果を高める食事とは?

 

キャビテーションを行うと、脂肪が溶け出したり老廃物の排出が促進されます。

 

こういった働きによって消費エネルギーが高まると同時に、脂肪がどんどん燃焼されるのです。

 

消費エネルギー量が増えている時は、体はエネルギーを確保するために脂肪を溜め込もうとする働きが起こります。

 

この状態の時に普通に食事をしてしまうと、食事に含まれる脂肪分や糖分が体内に吸収されるので、逆に太ってしまうかもしれません。

 

ですので、キャビテーション後は野菜を中心に高タンパク低カロリーの食事を心がけましょう。

 

食事管理をしなくて良いというのが魅力のキャビテーションですが、効果を高めるには前後の食事がポイントになります。

 

ちょっと面倒かもしれませんが前後の食事のルールだけは守って、理想の自分を効率よく手に入れましょう。

キャビテーションエステランキング