セルライトが付きやすい人の特徴とキャビテーションが効果的な理由

セルライトが付きやすい人の特徴

一度出来てしまうと、脂肪のように燃焼ができないのがセルライトです。

 

冷え性の女性

 

セルライトは太るだけではなく、皮膚の下で肥大化して固まった脂肪が表皮を凸凹にして見た目まで汚くしてしまう厄介ものです。

 

ですが、同じように太っていてもセルライトが付きやすい人がいるので、その特徴を知ってセルライトにならないようにしましょう。

 

むくみや冷えを放置している人

 

むくみや冷えは、運動不足や油分、糖分の摂り過ぎで血液の流れが悪くなることで起こります。

 

これはある程度体質も関係しているためしょうがないことですが、それでも毎日マッサージなどで解消するように心がけなくてはいけません。

 

むくみや冷えが起こるということは、それだけ血液やリンパの流れが滞って、老廃物や余分な水分の排出が行われていないということです。

 

この状態を放置しておくと、体内にはどんどん老廃物が溜まります。

 

セルライトというのは、脂肪細胞に老廃物や不要な水分が絡まりついて肥大化したものです。

 

つまりむくみや冷えを放置している人ほど、脂肪細胞がセルライトに変性しやすいです。

 

足がむくみやすい人や手足の先端、お腹や太ももがいつも冷たいという方は注意しましょう。

 

完全な運動不足

 

人間は日常生活の中では、こまめに歩いたり動いたりしますが、こういった活動は運動にはなりません。

 

運動というのは特定の部位を鍛えたり、全身をしっかり動かすということです。

 

ランニング

 

こういった運動をまったくしていないと、筋肉はどんどん衰えてしまい、基礎代謝量も減少することで脂肪が付きやすい体になってしまいます

 

また、運動をしないと血行も促進されなくなり、結果的に体内に老廃物が蓄積してセルライトも付きやすくなります。

 

セルライトは筋肉が少ないところに増えていくという性質があります。

 

決まった運動をまったくしない、体を動かすのが嫌いという方はセルライトが出来やすいのです。

 

セルライトが付きやすい人にはこういった特徴があります。

 

もし自分に当てはまるものがあったら、例え気づいていなくてもセルライトが出来ているかもしれません。

 

ですのですぐにセルライト対策を始めましょう。

キャビテーションでセルライトが落ちる理由やメカニズム

今までのセルライトの痩身施術は、エステティシャンによるマッサージが主流でした。

 

若い女性

 

しかし、経験のあるエステティシャンであってもハンドマッサージでセルライトを潰すのはとても難しくです。

 

あざや内出血などトラブルが耐えなかったのも事実です。

 

そんなセルライトを効率よく落とせるキャビテーションは、どのようなメカニズムでセルライトにアプローチするのでしょうか。

 

セルライトが燃焼されない理由

 

セルライトというのは、脂肪細胞に老廃物や水分、コラーゲンなどが絡みついている状態です。

 

脂肪細胞だけであれば、エネルギー源となるのでカロリーを消費することで燃焼させられますし、糖分や油分を控えれば小さくできます。

 

しかし不要物が絡みついてしまうと、普通の脂肪のように燃焼することが出来なくなってしまうのです。

 

また脂肪細胞の質自体も変性してしまうため、凝り固まることで余計の落ちにくくなります。

 

セルライトができてしまった肌が凸凹になるのは、皮下脂肪がセルライトに変わってしまっているからなのですね。

 

キャビテーションでセルライトが落ちるメカニズム

 

キャビテーションは脂肪細胞の周りに気泡を発生させて、この気泡が破裂する衝撃を利用して脂肪細胞膜を破壊しながら脂肪を乳化させます。

 

基本的には脂肪細胞の周りに気泡を発生させる周波数を照射しますが、これはセルライトに対しても同じように働きます。

 

セルライトの周りで気泡が破裂すると、不要物が混ざって凝り固まっている状態でも、脂肪細胞の部分が乳化して溶け出してきます。

 

すると絡みついていた不要物が解きほぐされて、溶け出した脂肪と一緒にリンパや血液などに混ざって排出されるのです。

 

さらにキャビテーションの振動によって血行やリンパの流れも促進されるので、代謝が活性化して溶け出したセルライトの脂肪を燃焼することもできます

 

こういったメカニズムがセルライトを落とせる理由なのですね。

 

頑固なセルライトを落とす時には多少痛みが伴いますが、キャビテーションで痛みを感じるということはセルライトが解きほぐされている証拠です。

 

また柔かくなれば痛みもなくなるのでそれまでは頑張って続けましょう。

キャビテーションエステランキング