キャビテーションの卵巣への悪影響とは?

キャビテーションの卵巣への悪影響とは?

脂肪細胞にダイレクトに働きかけるキャビテーションは、特に脂肪がつきやすいお腹周りに施術をする方が多いですね。

 

ハンドマッサージ

 

ただ、お腹周りには子宮や卵巣など、女性にとって重要な臓器があります。

 

ですので卵巣への悪影響を心配している方もいるかもしれませんが、はたしてキャビテーションは安全なのでしょうか。

 

キャビテーションの安全性

 

キャビテーションというのは、何回も臨床実験を行っているので医学的に安全性が証明されています。

 

もし臨床実験の段階で何らかの不具合や重篤な障害が発生した場合は、当然ですがその旨が報告されます。

 

現時点では、キャビテーションによる重大な副作用や臓器への悪影響はいっさい報告されていないので、卵巣に対しても悪影響を及ぼすことは考えられません。

 

卵巣に疾患があっても受けられる?

 

残念ながら、卵巣嚢腫のような疾患がある場合には、キャビテーションを受けることはできません

 

卵巣疾患がある人に対しての臨床実験は行われていませんから、安全性が証明されていないのに、疾患がある方にキャビテーションを行うのは無謀です。

 

痩身のメカニズムから言えば、キャビテーションによって悪化する可能性は少ないと言えます。

 

と言っても100%悪化しないとも言い切れないので、卵巣に限らず施術部位に疾患がある方は完治してからキャビテーションを受けましょう。

 

疾患がなければ、キャビテーションを受けたせいで卵巣に腫瘍が発生するというようなことはないので、安心して施術を受けてください。

 

それでもどうしても心配という方は、無料カウンセリングの時にカウンセラーに卵巣への安全性をしっかり確認してから施術を行うといいですね。

キャビテーションエステランキング