キャビテーションは妊娠線を消すのにも効果的?

キャビテーションは妊娠線を消すのにも効果的?

実に6割から7割もの出産経験者の方に出来てしまう妊娠線は、女性にとって大きな悩みの種となるものです。

 

妊娠線

 

しっかりケアをすればできないという人もいますが、妊娠中は自分のケアよりも赤ちゃんの成長が一番ですから怠ってしまうこともありますね。

 

一度出来た妊娠線は消えないと言われるものの、キャビテーションで消すことが出来たと言う口コミがあるのですが、本当に効果はあるのでしょうか。

 

妊娠線が出来るメカニズム

 

皮膚は、一番表面にある「表皮」とコラーゲンやヒアルロン酸で構成される「真皮」、そして「皮下組織」の3層から成り立っています。

 

表皮というのはある程度伸縮性がありますから、子宮で赤ちゃんが育ってくると、お腹の表皮もそれに合わせて伸びていきます。

 

ただ真皮や皮下組織は表皮ほど伸縮性がないので、赤ちゃんが育つスピードの速さについていけず裂けてしまうのです。

 

表皮が裂けることはありませんが、そのすぐ下にある真皮などが裂けると表皮に赤い亀裂が入ります

 

これが妊娠線と言われるものです。

 

真皮層でコラーゲンが断裂したり胎児の急激な成長でコラーゲンの生成が追いつかないと、出産後も目立つ妊娠線が出来てしまうのです。

 

キャビテーションが妊娠線に効く理由

 

キャビテーションからは、1秒間に約3万回ほどの振動が起こる超音波が発生します

 

キャビ

 

この細かい振動によって作られる気泡が脂肪細胞を破壊するのですが、さらに血管にも働きかけて血行不良を改善する効果が期待できます。

 

血液の流れが良くなると真皮層にもしっかり栄養が行き渡るので、コラーゲンの合成が活性化されます。

 

また血行が良くなると代謝もアップしますから、ターンオーバーが活発になって新しい肌細胞が生成され、ダメージを受けている古い角質と入れ替わります

 

コラーゲンが作られれば断裂してしまった部分を補修することができます。

 

ターンオーバーが行われることで亀裂の入った表皮も新しい角質で再生されるので、妊娠線の改善効果が期待できます。

 

もちろんこういった効果に即効性はないものの、キャビテーションを続けることで表皮が入れ替われば妊娠線を消すのも夢ではありませんね。

キャビテーションエステランキング