キャビテーションは妊娠中や産後に受ける際に制限はある?

キャビテーションは妊娠中や産後に受ける際に制限はある?

妊娠中は、胎児を守るために皮下脂肪が付きやすい体になりますし、産後は妊娠中に付いた脂肪が残ってしまいます。

 

妊婦

 

そのため女性のスタイルは大きく変化をするので、ボディラインを崩さないためにキャビテーションを検討する方もいるでしょう。

 

ただ、安全性が認められているキャビテーションであっても、誰でも受けられるわけではないのです。

 

妊娠中のキャビテーションは絶対に厳禁

 

キャビテーションは医学的に臨床実験を行っていて、体への安全性はしっかり確認されています。

 

しかし、臨床実験は妊婦さんには行われていませんから、妊婦さんや胎児への医学的証明というのはありません

 

カウンセリング

 

当たり前のことですが、安全かどうか分からないものを、実際に妊娠している人に対して実験をするのはとても危険なことです。

 

万が一、胎児に悪影響を及ぼしたり、妊娠状態を維持できなくなってしまったら人道的にも大変なことになります。

 

施術だけで言えば、超音波を発生させて気泡を作るというシンプルなものです。

 

超音波を作る振動や弾ける衝撃が母体や胎児に影響を及ぼす可能性は否定できません。

 

ですので、例え施術をしてくれるお店があったとしても、妊娠中のキャビテーションは絶対に止めましょう

 

産後もキャビテーションは禁止?

 

産後は女性ホルモンのバランスも整い始めますし、授乳をすると消費カロリーが大幅にアップするので痩せやすい時期になります。

 

また、産後ダイエットという言葉があるように、妊娠中に太ってしまった体を引き締めることも問題ありません。

 

ただしキャビテーションはカロリーの消費が大きいので、産後すぐに行うと体に負担をかける可能性があります

 

ですので産後はキャビテーションを受けて大丈夫ですが、最低でも3ヶ月は間を空けてから始めましょう

 

逆に、食事制限など無理なセルフダイエットをしてしまうと、体調を崩したり赤ちゃんへの栄養が不足するかもしれません。

 

キャビテーションで効率よくダイエットをしていくのがベストです。

 

妊娠中や産後のキャビテーションに関しては、エステサロンに相談すれば正しいレクチャーが受けられるます。

 

気になる方は無料カウンセリングで確認してみるといいですね。

キャビテーションエステランキング