キャビテーションは内臓脂肪と皮下脂肪のどっちに効果的?

キャビテーションは内臓脂肪と皮下脂肪のどっちに効果的?

脂肪には、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類があります。

 

2つの選択肢

 

基本的に太っている方には両方の脂肪がついていますが、内臓脂肪の場合は痩せている人でもついていることがあります。

 

メタボと診断された方はしっかり落とさなくてはいけません。

 

では、脂肪除去に効果が高いと言われるキャビテーションは、どちらの脂肪を落とす効果があるのでしょうか。

 

キャビテーションで落とせる脂肪とは?

 

内臓脂肪と皮下脂肪、どちらに効果があるかといえば圧倒的に皮下脂肪です。

 

皮下脂肪

 

皮下脂肪というのは皮膚の下についている脂肪ですから、キャビテーションから発生する超音波がダイレクトに届きます

 

ですので、脂肪細胞と細胞間質液の隙間にもたくさんの気泡が発生して破裂しますから、脂肪細胞膜もしっかり破壊されます。

 

また周りにはリンパ腺や血管が通っていますから、これらの液体に混ざって脂肪がどんどん排出されます

 

内臓脂肪は体の奥にある臓器の周りに蓄積している脂肪です。

 

そのため、超音波が届きづらく発生する気泡の数も少ないので、皮下脂肪のような脂肪を取り除く効果までは得られないのですね。

 

内臓脂肪はキャビテーションで落とせるの?

 

内臓脂肪を落とすには、まず食生活を改善して糖分や脂質の摂取を控える必要があります

 

これらの成分を過剰摂取している限りは内臓脂肪を落とすことはできません。

 

ただし、キャビテーションがまったく効かないということでもないのです。

 

キャビテーションは不要物の排出を促進したり、代謝を高める効果も期待できるので、施術を続けることで内臓脂肪の蓄積を防げます。

 

また代謝がアップすると臓器の働きも活性化しますから、内臓周りの脂肪の燃焼が促進されます。

 

これらの効果に超音波の働きが加わることで、内臓脂肪が柔らかくなって排出されやすくなるので、皮下脂肪ほどではなくても内臓脂肪の減少効果も期待できます。

 

一般的に内臓脂肪はキャビテーションで落とせないと言われますが、皮下脂肪に対する痩身効果より劣るというだけなのです。

 

内臓脂肪を落としたい方にもキャビテーションはおすすめです。

キャビテーションエステランキング