キャビテーションを受ける前後の飲酒(アルコール)の注意点

キャビテーションを受ける前後の飲酒(アルコール)の注意点

キャビテーションは、カロリーコントロールをしなくても運動をしなくても、脂肪をしっかり減らせる理想的な痩身方法です。

 

キャビ

 

ただし、いくらキャビテーションで脂肪を溶かし出すと言っても、排出を邪魔するようなことは厳禁です。

 

特にアルコールは、キャビテーションで痩せるメカニズムを阻害することがあるので、キャビテーション前後の飲酒には注意が必要です。

 

ビール

 

キャビテーション前後に飲酒をするのがダメな理由

 

キャビテーションというのは、脂肪細胞膜を破壊して中の脂肪を溶かし出し、これを排出するというメカニズムになっています。

 

溶け出た脂肪はそのまま排出できるのではなく、一度肝臓に送られて分解されることで排出ができるようになります。

 

つまり、肝臓がしっかり働くことで脂肪排出効果が得られるのですね。

 

ただし肝臓は脂肪の分解だけを行っているわけではなく、アルコールを分解する働きも持っています。

 

もしキャビテーションを受ける前後に飲酒をしてしまったら、肝臓はまずアルコールを分解しますから、脂肪を分解する力が弱まります

 

せっかく脂肪を溶かし出しても、分解排出の機能が働かなければ再度脂肪となって蓄積するので、キャビテーション前後の飲酒は控えた方が良いのですね。

 

アルコールは絶対に飲んではいけないの?

 

キャビテーション前後の飲酒は、痩身効果を減少させてしまいます。

 

また、過度の飲酒で肝臓を弱らせてしまった状態でキャビテーションを受けても、思うような効果が得られませんから、出来るだけ控えるのがベストです。

 

と言っても絶対にアルコールを飲んではいけない、ということではありません。

 

キャビテーション後は脂肪が排出されやすくなっているので飲酒は厳禁ですが、この効果は2時間ほどでおさまります。

 

ですので2時間後以降であれば、普通にお酒を楽しむことは問題ありません

 

逆にアルコールの摂取を我慢してストレスが溜まると、血行不良などで代謝が悪くなってしまうので、無理に控えるのも良くありません。

 

キャビテーション中はお酒との付き合い方が難しいかもしれませんが、痩せ体質になればいつでも摂取できます。

 

ちょっと我慢すればキャビテーションの効果は格段に上がるので、痩せやすい体になるまでは控えるように心がけるといいですね。

キャビテーションエステランキング