キャビテーション後に動物性脂肪を控えたい理由

キャビテーション後に動物性脂肪を控えたい理由

普通の痩身エステであれば、甘いものや脂分を控えること、適度な運動をするなどある程度自分自身の努力が求められます。

 

野菜盛り

 

しかしキャビテーションの場合は、特に食べてはいけないものなどはありません。

 

ですが、いくら努力しなくても良いと言っても、キャビテーション後に動物性脂肪を摂るのだけは避けましょう

 

キャビテーション後に動物性脂肪を控える理由

 

キャビテーションは、ただ脂肪を溶かして排出しやすくするだけではなく、代謝を活性化する効果も期待できます。

 

代謝が活発になるとエネルギーの消費効率がアップするので、体はどんどんエネルギーを消費します。

 

そのため栄養をたくさん取り込もうとする働きによって、キャビテーション後はエネルギーの吸収率までアップします。

 

つまり脂肪分や糖分を蓄えようとしている状態なので、そこに脂肪分となる動物性脂肪を摂取してしまうと、体内にすぐに吸収されて脂肪になってしまいます

 

また、動物性脂肪というのは皮下脂肪になりやすい脂肪分ですから、キャビテーションの効果を高めるためにも控える必要があるのですね。

 

キャビテーション後の理想の食事とは?

 

キャビテーションをすると、エネルギーの消費量がアップするのでお腹が空くかもしれません。

 

しかしここで食欲の赴くままに食べてしまうと、せっかく取り除いた脂肪が再度蓄積することになります

 

キャビテーション後は、代謝を妨げないように腹八分目に抑えること、そして野菜を中心とした食事をするのが理想です。

 

お肉や油が絶対にダメということはありませんが、野菜をたっぷり摂ればミネラルやビタミン補給ができるので代謝がアップした状態を維持できます。

 

また施術後しばらくは、脂肪の排出のために肝臓がフル稼働していますから、消化されやすい食事で肝臓への負担も減らしてあげましょう。

 

食事制限がないからキャビテーションをしているのに、と思うかもしれませんが、太りやすい要素をわざわざ取り入れる必要はありませんね。

 

キャビテーション後に動物性脂肪を控えるのは、少しでも早く痩身効果を得るためなので、施術の後だけでもいいから意識して消化の良い食事を心がけてください

キャビテーションエステランキング