病院とエステのキャビテーションの違い

病院とエステのキャビテーションの違い

キャビテーションは、美容クリニック(病院)でもエステでも受けることができます。

 

看護婦

 

どちらもキャビテーションの施術を行うのですから、一見効果に違いはないように思えるかもしれませんね。

 

ですが、病院とエステでは使用する痩身マシンに違いがありますし、キャビテーション後のケア方法も異なるのです。

 

病院とエステの痩身マシンの違いとは?

 

病院のキャビテーションでは、「キャビタ」や「エスオペラ」という痩身マシンが主流で使われています。

 

これらのマシンは出力が高いので、その分超音波の波動も強くなりますし、気泡と破裂が繰り返される回数も多くなります。

 

キャビテーションは脂肪細胞の周りで気泡が破裂して、脂肪細胞膜が壊されるからこそ痩身効果が得られます。

 

病院のマシンは破壊力が強い上に、破裂する回数が多いので痩身効果が高くなるのですね。

 

一方、エステではラジオ波を同時にできるキャビフルや吸引機能を搭載したキャビリボという痩身マシンを使って行います。

 

エステで使用するマシンは出力レベルこそ病院のマシンより劣るものの、代謝を促進するラジオ波や脂肪を吸引する施術を同時に行えます。

 

ただキャビテーションの効果だけで言えば病院の方が優れていると言えますね。

 

トータル的な痩身効果の違い

 

ただし、キャビテーションというのはマシンで施術をするだけでは痩せません。

 

キャビテーションでできるのは、脂肪細胞膜を壊して脂肪を溶解させたり、代謝を高めて排出を促すというところまでです。

 

この段階ではまだ排出できていないため、リンパマッサージや代謝をさらに促進しないと本当の痩身効果は得られないのです。

 

病院の施術はキャビテーションまでなので、排出を促すにはセルフマッサージなどが必要になります

 

ですがエステでは、キャビテーション後にリンパマッサージやラジオ波、EMSなどさまざまな施術を組み合わせてケアしてくれるので痩身効果が早く実感できます

 

つまりトータル的な痩身効果はエステの方が優れていると言えます。

 

もちろんどちらも痩身効果はありますが、しっかり確実に痩せたいという方は、キャビテーションだけに頼らないエステの方がおすすめです。

キャビテーションエステランキング