【逆効果】キャビテーションの副作用・デメリットがヤバい!

キャビテーションには重篤な副作用はあるのか?

キャビテーションが人気の理由は、しっかり脂肪を排出できるのはもちろん、体に大きな負担をかけず安全に痩せられるというとこです。

 

キャビテーション施術風景

 

ただ、いくら安全性が認められていても、物理的に脂肪細胞に働きかけるので「重篤な副作用」がないのか心配になりますよね?

 

エステヒアリング

 

脂肪細胞の減少による皮膚のたるみ

 

キャビテーションを続けていると、普通のダイエットよりも効率よく脂肪細胞が縮小・減少していきます。

 

そのため皮下脂肪がたくさん付いていたりすると、脂肪細胞が減った分、皮膚がたるんでしまうことがあります。

 

この副作用を防ぐために、多くのエステサロンでは「ラジオ波」や体を引き締める「EMS(Electronics Muscle Stimulation)」などの施術を同時に行います。

 

キャビテーションのみのコースの場合は、自分で「筋肉トレーニング」をするだけでたるみを解消できるので、セルフケアをしましょう。

 

腹筋運動

 

ただ、私もそうですが自宅での筋肉トレーニングは苦痛で続きませんね(笑)

 

筋肉トレーニングが苦手という方なら、ラジオ体操など簡単な運動でも引き締まりますから、毎日15分程度の運動を取り入れれば大丈夫です。

 

血中の中性脂肪値の上昇

 

もし、キャビテーションの施術後に健康診断などがある場合は、血液検査で中性脂肪値が上昇しているという診断が出る可能性があります。

 

血液検査

 

中性脂肪値が高いと血液がどろどろになって流れが悪くなり、生活習慣病のリスクが高まってしまいます。

 

ですがキャビテーションを行った後というのは、数値に違いはあるものの、中性脂肪値が高くなるのは当たり前と言えます。

 

キャビテーションによって脂肪細胞膜が破壊され、溶け出した中の脂肪は血中に取り込まれて排出されます

 

つまり中性脂肪値が高いということは、キャビテーションの効果が出ている証拠ですし、一時的な上昇なので心配する必要はありません。

 

他にもキャビテーションの副作用としては「超音波による耳鳴り」や「吸引力の強さによる腹痛」などもあるかもしれません。

 

腹痛

 

ですがどの副作用でも重篤なものではありませんし、逆に健康に問題がある場合は施術が受けられないので、安心してキャビテーションを受けてください。

 

キャビテーションエステランキング

キャビテーションのメリットデメリット

切らない脂肪吸引と言われるほど優れた痩身効果があるキャビテーションは、今や痩身エステの代表的なメニューとなっています。

 

悩む女性

 

全身痩身はもちろん、セルフダイエットでは難しい部分痩身にも効果があるので、施術を検討している方も多いでしょう。

 

キャビテーションを受けている風景

 

ですがキャビテーションにはメリットだけではなくデメリットもありますから、すべてを理解した上で施術を行ってください。

 

キャビテーションのメリット

 

キャビテーションの一番のメリットは、リバウンドのリスクが少ないということです。

 

普通のダイエットであれば、食事を我慢したり運動を続けたりすることで痩せるため、ダイエット前の生活に戻すとすぐにリバウンドしてしまいます。

 

それに我慢や努力をすることでストレスが溜まり、ダイエット前以上に太ってしまう人も多いですね。

 

キャビテーションは辛い我慢をするダイエットではありませんし、脂肪を溶解して痩せるのでよっぽどのことがないとリバウンドしません。

 

また、キャビテーションによる超音波の破裂はセルライトの固まりの分解にも効果的なので、頑固なセルライトの解消効果も期待できるというメリットがあります。

 

キャビテーションのデメリット

 

一方、キャビテーションのデメリットは1回や2回で劇的な減量効果がないということ!

 

これはキャビテーションに限ったことではないのですが、長い期間かけて蓄積された脂肪を安全に除去するには、少しずつ溶かし出して排出するしかありません。

 

効果の出方には個人差がありますが、しっかり痩せるには基本的に5回から6回程の施術を受ける必要があります

 

ですので即効性を求める方からすれば、すぐに効果が出ないというのはデメリットになってしまうでしょう。

 

また、回数が多ければその分料金もかさみますから、目標体重になるまで通うとしたらある程度費用がかかるというのもデメリットと言えるかもしれませんね。

 

このようにキャビテーションにはメリットとデメリットがあるので、両方をしっかり吟味して納得してから施術を受けるようにしましょう。

 

キャビテーションエステランキング

キャビテーションで起こりがちなトラブル5選

体質や体調によってはキャビテーションでトラブルが起こることもありますので、リスクを減らすためにも起こりがちなトラブルをチェックしておいてください。

 

悩む女性

 

痩身効果が得られない

 

キャビテーションで痩身効果が得られない理由として、「極度の冷え性」や「むくみ」が考えられます。

 

血液やリンパの循環がスムーズになされないと、脂肪の排出もまたスムーズに行われないので効果が出にくくなります。

 

ですがキャビテーションは循環を整えて代謝を活性化する効果も期待できますから、しっかり続けていけば痩身効果が期待できます。

 

皮膚がたるんでしまった

 

キャビテーションは運動などで地道に脂肪を燃焼させるのと違い、たくさんの脂肪を減少させる効果が期待できます。

 

そのため、脂肪が多い人ほど一気に脂肪が減少することで皮膚がたるんでしまうことがあります。

 

これはEMSやマッサージなどで引き締めれば改善できるので、セルフケアをしたりエステティシャンに相談してみるといいでしょう。

 

金属音のような耳鳴りがする

 

キャビテーションから発生する超音波というのは、脂肪細胞だけに働きます。

 

ただし骨と近い部位の施術を行うと、超音波が骨に当たってしまい、キーンという「金属音のような音」が発生します。

 

これは体内で発生するため、耳に響いて耳鳴りが起こることもあるのですが、施術が終わって時間が経てば自然に治ります。

 

肌にあざが出来てしまった

 

出力レベルが高かったり、ヘッドを押し付ける力が強すぎたりすると、稀に内出血を起こしてあざが出来ることがあります。

 

ただ、キャビテーションは揉み出す施術ではありませんから、基本的にあざが発生するリスクは低いです。

 

もし肌が弱かったり「敏感肌」だったりする場合は、事前に申告して強さのレベルを調節してもらいましょう。

 

脂肪が均等に落とせない

 

施術者の技術が低いと、キャビテーションの当て方にムラが出てしまい、脂肪の落とし方もムラが出て凸凹になるトラブルがあります。

 

料金が安すぎたり、小規模のエステサロンだと経験の浅い施術者がキャビテーションをすることもあります。契約前に技術力をしっかりチェックしておくのが重要です。

 

こういったトラブルは事前のカウンセリングで聞いておけば避けられるので、安全面をきちんと確認しておきましょう。

 

キャビテーションエステランキング

キャビテーションで失敗する人に多い特徴

キャビテーションは、単に脂肪の燃焼を高める痩身施術ではありません。脂肪細胞に直接働きかけて、脂肪を溶解して排出させる施術ですから、本来であれば失敗することはないのです。

 

暴飲暴食

 

それなのに一部ではキャビテーションに失敗する人もいますが、そういった方には共通した特徴があるので、自分が失敗しないようにチェックしておきましょう。

 

キャビテーションの施術後の油断

 

キャビテーションをした後というのは、脂肪の排出が促進されている状態なので、まるで運動をした後のように疲れてしまいます

 

また施術を受けて体がすっきりすると、それだけで痩せたような気がしてしまい「つい油断」をする方が多いようです。

 

そのため、キャビテーション後は気がゆるんで、好きなものをたくさん食べてしまうというのが失敗する人の特徴です。

 

キャビテーションをすると、脂肪がどんどん溶け出して排出されていきますから、体は防御機能によって脂肪を補おうとしています。

 

その状態のところに甘いものや脂っこいものを取り込んでしまうと、必要以上に脂肪が蓄積してしまうため、結果的にキャビテーションも失敗することになるのです。

 

太る要因をまったく改善しない

 

太る原因は人によってやっぱり違います。いずれにしてもその要因をまったく改善しないままだと、いくらキャビテーションで脂肪を落としてもまた脂肪が蓄積されてしまいます

 

極端な食事制限や運動をしなくても痩せられるのがキャビテーションの魅力ではあるものの、太る要因を放っておいたら効果は出にくくなります。

 

夜寝る前に炭水化物を食べる、毎日スイーツを食べる、姿勢が悪く運動もまったくしない、夜更かしというような状態のままでは太るのも当然です。

 

キャビテーションなら絶対痩せるだろう、とアグラをかいて何もしなければ、何回取り除いても「太ったまま」になってしまいキャビテーションに失敗します。

 

キャビテーションの効果というのは、脂肪を排出すること、エネルギーの消費効率を高めてカロリーを摂りすぎないことで得られます。

 

太るような生活習慣はしっかり改善しなくてはいけないのですね。

 

キャビテーションエステランキング

キャビテーションの骨伝導が苦痛?人体への影響とは?

キャビテーションは、マッサージや吸引のような痛みはありませんし、マシンによる熱さや痺(しび)れなどを感じることもありません。

 

キャビ施術風景

 

体にもっとも負担をかけず、脂肪だけにアプローチできるのがキャビテーションの特徴でもあります。

 

ですが施術を受ける時には「骨伝導」というものが起こることがあります。これが苦痛になるという方もいますが、実際にはどれだけの苦痛なのか、そして人体への影響はないのでしょうか。

 

キャビテーションによる骨伝導とは?

 

キャビテーションのヘッドから超音波が発生しているため、肌に当てると脂肪細胞の周りに気泡ができます。

 

ですが、同時にその超音波が骨に当たることがあります。高周波の超音波が骨に当たると、振動によってキーンという音がしますが、これは骨伝導音というものです。

 

つまり骨に超音波が当たることが骨伝導で、この伝導を感じるということは確実に超音波が届いている証拠になります。

 

骨伝導音は施術を受けている人しか感じられないものなので、不快感がどれぐらなのかははっきり言えません。

 

ただ、脂肪の量が少なければ骨にたくさんの超音波が当たりますし、脂肪層が厚ければ当たる量も減るので太り方によって違いがあります

 

人体に影響はあるの?

 

結論から言えば、キャビテーションによる骨伝導によって何らかの悪影響を受けることはありません

 

骨というのは、超音波が当たったからと言って簡単に損傷するほど弱いものではなく、超音波の衝撃ぐらいではびくともしないのです。

 

また骨伝導音も、骨に超音波が当たるから発生するだけで、脳や聴覚に異常をきたすものではありません。

 

確かにキーンという音は苦痛になるかもしれませんが、人体に影響があるわけではないので安心してください。

 

ただどうしても苦痛という場合は、ヘッド部分にシリコンを装着できるマシンを採用しているエステサロンを選びましょう。

 

シリコンを通すと骨伝導が減少するので、事前にカウンセリングで確認しておくといいですね。

 

基本的には安全性に問題はありませんが、骨に疾患があったり糖尿病や骨粗鬆症の方は骨伝導の影響を受ける可能性があります

 

必ず事前のカウンセリングの時に申告してください。

 

キャビテーションエステランキング

 

最後までご覧頂き感謝します!